teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 二紫会経済学(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


推薦図書(99)

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年11月23日(木)18時04分45秒
返信・引用 編集済
  『満つる月の如し 仏師・定朝』(澤田瞳子・徳間文庫・14年10月)
『若冲』           (澤田瞳子・文春文庫・17年4月)

宇治平等院の阿弥陀如来坐像のファンは多いと思います。平安時代の仏像の最高傑作と言っても過言ではないと思います。その作者が定朝。
最近とみに人気の高い若冲。実は小生はあまり好きでない、というよりもむしろ嫌っていた絵師・伊藤若冲。

澤田瞳子氏は同志社大学文学部の出身です。1977年生まれと言いますから小生たちが大学を卒業した年に生まれたことになります。そんなうら若い女性が骨のある小説を書いてくれました。
これから楽しみな作家です。
 
 

花を愛でる(82)

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年11月23日(木)09時23分46秒
返信・引用 編集済
  恥ずかしながらこの年まで柊が花を咲かせることを知りませんでした。地味な花ですがよく見ると可愛らしい花です。

柊というと思い出すのが柊屋。
ご存知でしょうか?俵屋、炭屋、柊屋。いずれも京都の老舗旅館です。
幕末の京都を舞台にした小説『花の生涯』には俵屋が登場しますが、創業300年だとか。また柊屋は創業200年。川端康成お気に入りの旅館で、名作『古都』もこの旅館で執筆されたそうです。
三つとも麩屋町姉小路近辺にあります。お店の前を通るだけでも江戸時代を感じさせる雰囲気があり、小生のお気に入りゾーンです。
 

お香

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年11月19日(日)21時38分53秒
返信・引用
  全くの素人なのですが、お香の香りに興味を持つようになりました。

お香の香りが好きになり、色々なところで買ってみたのですが、何年か前に買った三千院のお香が今のところのお気に入りで今回も大原まで行って買ってきました。
調べてみるとお香は沈香(じんこう)と白檀(びゃくだん)の香りが基本のようです。それに沈香の一種である伽羅(きゃら)を加えて三種類の香りがベースとなって色々な香りが調合されるのらしいのです。
現在の小生のお気に入りは白檀をベースにした香りで写真の2種類を買って楽しんでおります(三千院で香炉も買ってきました)。

因みに、白檀より沈香のほうが格上のようで、正倉院に保管されていたという御物の蘭奢待(らんじゃたい=足利の三代の将軍や織田信長、明治天皇しか嗅いだことのない香木)は沈香だそうです。
 

うつりゆく時代(20)人工知能AIの事例⑫ 雇用 その5

 投稿者:二村重博  投稿日:2017年11月19日(日)18時39分28秒
返信・引用
   前回のシリーズ「うつりゆく時代(19)」は、10月7日でした。その後、いろいろな用事が入ってきてこのシリーズの書き込みを中断していましたので、ここではまず復習から始めます。
 これまで、日本経済新聞に掲載された人工知能AI等の事例を、共通する項目に分類分けしながら整理して紹介してきました。そして最近は「雇用」というタイトルで以下のような項目ごとに論じてきました。
 (1) AI時代の労働に対する需要
    必要となる人間力、雇用不安か雇用維持か
 (2) AI時代の労働の供給
    人手不足とクラウドソーシング、人手不足と転職市場
 (3) AI市場に向けた労働市場の具体例
    人手不足対策、人手不足は続くのか、働き方改革
 (4) AI時代に向けた採用選考の状況
    大卒採用、企業の人材獲得競争、外国人の採用、トランプ政策の影響
 (5) AI時代に向けた企業の人材育成
    日本企業の現状、企業の人材育成、政府の役割

 すでに見てきたように、今後はIT、I o T、AIなどを中心とした高度な技術革新の波が押し寄せてきそうです。そのような中で、新しい時代に適応する人材をどのように育てるかが問題になってきます。前回は企業を中心とした人材育成の現状を見てきましたが、今回は教育の視点から取り上げてみます。

 (6) AI時代に向けた教育
  ○ 教育の方向
 米マサチューセッツ工科大メディアラボ所長の伊藤穣一氏は、「AIは単純な労働の置き換えではなく、人間の働き方自体を変える。今の教育はいわれたことをきちっとこなす、お利口さんをつくろうとしているが、そういう人材はロボットで済んでしまう。人間にはもっと創造的で、快活で、気まぐれな要素が求められる。・・・変化が激しい今の時代は教科書で学んだことはあまり役に立たない。自分で考えることが重要になる。それには仲間との議論が重要だ」(8/22)と言うように、これからのAIの時代は労働の質の変化が重要になってきます。
 また、ITを使ってイノベーションを起こす人材を育てることも必要になってきます。日経コメンテーターの村山恵一氏は、そのための「キーワードは『STEM(ステム)』。科学、技術、工学、数学の英語の頭文字をつないだ言葉だ。単に理系の優等生を増やす教育ではない。論理的な思考や創造性を養うことに力点を置く」(5/12)教育が必要になってきており、世界的にも「デジタル・ドリーム・キッズの育成競争」とも呼べる現象が広がっていると指摘しています。村山氏によれば、ネット時代の入り口の1995年にソニーの出井伸之社長が「デジタル・ドリーム・キッズ」の経営ビジョンを掲げましたが、この市場を席巻したのは日本ではなくアメリカの企業でした。村山氏は、「ネットに続く次の大波はもう来ている。人工知能(AI)、ロボット、3Dプリンター。産業構造や、私たちの働き方を一変させる技術が目白押しだ」(5/12)と言っています。このようにこれからの時代に対応する教育が重要になってきます。

  ○ 小・中校の教育
 文部科学省は3月の新学習指導要領で、2020年度から小学校でプログラミングを必修にすると公示しました。「プログラミング教育は新指導要領に、算数や理科など従来の教科の中で行う形で盛り込まれた。文部科学省の有識者会議によれば、目指すのは『プログラミング的思考』の習得。『一連の活動を実現するためにどんな動きの組み合わせが必要か』などを論理的に考える力を育む」(6/2)というものですが、実施に当たってはいくつかの課題もあります。
 先ず、プログラミングを教えることのできる教員は多くはないということです。この1~2年のうちに教員の能力や意識を育てることが必要になります。ベネッセコーポレーションのように、5月に評価基準の試行版を発表し「児童が身につけられる資質・能力の評価基準を定めて授業づくりを支援する動きも出てきた」(6/2)というように、民間や企業との協力も必要になってきます。
 次に、パソコンやタブレット端末などのハード面の整備は大丈夫かという問題があります。文部科学省の調査(2,016年3月)によると、教育用コンピューター1台あたりの児童生徒数は6.2人で、同省が目標としている3.6人には及びません。「これを重くみた文科省は16年8月、全国の教育委員会に対し、情報機器の整備を首長部局に提案するように促す通知を出した。必修化までにこうした状況が改善されないと、教育の質にも格差が生じかねない」(6/2)という問題があります、
 さらに、プログラミング教育とは何をするのかという不安を感じる親も多いという問題です。即戦力のプログラマーを養成する教育と誤解する人も多いと思われますが、「複雑なゲームのストーリーが短い文章で命令・実行する論理の積み重ねだと学び」(6/5)、原因と結果を考えるきっかけになっています。
 このプログラミング学習の必修化は、国際的な流れの中ではどうなるかという問題があります。村山恵一氏は、
 「文部科学省によれば、英国やハンガリー、ロシアは小中学校でプログラミングを必修とし、韓国やシンガポールなども力を注ぐ。
 日本はどうか。3月告示の学習指導要領で小学校でのプログラミングの必修化が決まったが、開始は20年度からとまだ先だ。
 そもそも国や学校任せではいけない。アイロボットが示すように企業が担える役割は大きい。アップルもプログラミングの教材アプリの提供に本腰を入れ出した。
 日本にもプログラミング教育のベンチャー企業やNPO法人はある。だが90年代以降の『デジタル敗戦』を繰り返さないためには、産業界は危機感を持ち、何ができるか知恵を絞った方がいい」(5/12)とコメントしています。

 〇 大学の教育
 AIの時代に対応する大学の具体的な動きはまだ多くはないようですが、あるいは暗中模索の段階にあるように思えますが、今年の日経新聞に掲載された、いくつかの大学の動きを以下に列挙してみます。
 豊橋技術科学大学は、2010年に「人間・ロボット共生リサーチセンター」を立ち上げ、海外からの研究員も増えているそうです。副学長の寺嶋一彦教授は、「介護やリハビリはIT(情報技術)だけでは解決できない。あらゆるモノがネットにつながるI o Tの先には、必ず物理的なロボットが必要」(2/8)と話しているそうです。
 2月に発足した東京大学の「数理・情報教育センター」を中心に、京大、九州大、北海道大、大阪大、滋賀大の6大学がコンソーシアムを作って「人工知能(AI)の活用やビッグデータ解析を担う人材の教育カリキュラムを作成する」(3/20)ことを目的に2018年度の完成を目指しています。
 アメリカで2012年に始まった「ムーク(大規模公開オンライン講座)」が急成長しているようです。明治大学学長特任補佐の福原氏は、「受講者は世界で5千万人を超えた。米スタンフォード大教員が設立した『コーセラ』が最大手で、英語で配信して世界から2500万人の受講者を集めている。・・・コーセラ受講者の国別ランキングをみると興味深い。米国が当然首位だが、2位中国、3位インド、4位ブラジルと続き、ロシアが9位だ。これらは『BRICs』と呼ばれ、経済成長が著しい国だが、最先端の科学技術などを学びたいという若者の意欲の高さを映している」(4/21)ということで、人工知能(AI)や生命科学などの科目は人気のようですが、「日本人の受講者が少ないのが心配だ」とコメントしています。
 文部科学省はこの秋から人工知能(AI)の研究開発を担う博士人材の育成事業を産学連携で始めるとのことです。「数学や物理などの博士号を目指す学生たちを大学で教育したうえで、企業でのインターンシップや実務を通じて実社会に役立つ研究を身につけてもらう。大学や企業に人材を供給し、AIの研究開発を活発にしてイノベーション創出につなげる」(4/24)のが狙いのようです。
 また、日経の記事によると、「ビッグデータを解析し経営などに役立てる『データサイエンス』の人材育成に動く大学が関西に増えてきた」(9/8)とのことで、その内容を見ると以下のようです。
 滋賀大学は日本初の専門学部である「データサイエンス学部」を今年4月に開設し30の起業・団体と連携しています。大阪府立大学はマネジメント学部に来年4月に「経済データサイエンス課程」を設ける予定です。京都産業大学も来年4月に「データサイエンスコース」を開設する予定です。立命館大学は4月から「先端社会デザインコース」を、京都大学は4月から「データ科学イノベーション教育センター」を開設し、大阪大学は「数理・データ科学教育研究センター」を開設し、それをさらに拡充する予定です。
 

Re: 誕生祝のお礼

 投稿者:二村重博  投稿日:2017年11月19日(日)18時25分5秒
返信・引用
  > No.4196[元記事へ]

1976年 臼井 さんの発言へのリプライです。

> 遅ればせながら誕生日おめでとうございます。

臼井君 11月4日に僕の誕生日を祝ってもらいありがとう。雑事に追われている間に、お礼を言うのをうっかりして、遅くなってしまいました。僕の非礼、お詫びします。

> 文中の「14歳以下の子どもの人口は1588万人」ですが、単純化して1歳当り100万人、平均余命85年として8500万人(100万人×85年)となり、現人口1億3000万人と比較すると「この現象は、今後の日本の社会、経済に大きな影響を及ぼすことが考えられます。」となり、明るい未来は想像しにくくなっています。
>
また、臼井君の人口減少の分かりやすい計算、面白く読みました。これから来ようとしているAIの時代を考えると、人口減少が明るい未来になるのか、暗い未来になるのか、現時点で判断するのは難しいように思いますが!
 

遠くの五輪より近くのW杯

 投稿者:1976年 臼井  投稿日:2017年11月19日(日)15時57分23秒
返信・引用
  再来年開催のラグビーW杯のチケットが、いよいよ来年1月から順次発売されます。

ノエビアスタジアム神戸と大阪花園ラグビー場でそれぞれ4試合行われ、東京開催のオリンピックと異なり、新幹線や宿泊代要らずで世界最高水準の試合が観戦可能です。

神戸市、大阪府在住者は先行発売に応募できます。詳しくは、HPご参照。

https://tickets.rugbyworldcup.com/showNews.html?idNews=100

 

大原②

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年11月19日(日)11時02分13秒
返信・引用 編集済
  小生が高校生の時の修学旅行の思い出ですから、今かから45年前になります。
人だらけの三千院に辟易した小生たち(5人ほどでグループ行動をしていました)は全く知らなかったすぐ近くの実光院というお寺にに入ってみると、思わぬ静寂を味わうことができ、素晴らしい時間を過ごすことができました。

今回も三千院は四条河原町なみの人出。雑踏から逃れるように実光院に入ってみると、45年たった今でも穴場なのでしょうか、まるでタイムスリップしたような気分でゆっくりくつろぐことができました。
そうそう、此処も小生の「あまり有名ではないけれど結構気に入っているお庭」リストに入れておきましょう。
 

大原

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年11月19日(日)10時33分48秒
返信・引用 編集済
  二紫会の翌日、大原へ行ってきました。

何年か前に三千院で買った御香をまた欲しくなり、京都市中で買えないかと調べてみたのですが、結局三千院でしか手に入らないことが分かり大原行きを決めました。
地下鉄になった京阪電車に初めて乗って、四条から出町柳へ。そして叡電の切符売り場へ行って驚きました。大原行きの電車がないのです。昔は有りましたよね、少なくとも40年前には。時の移ろいを感じつつ八瀬行きの切符を買って、八瀬からバスに乗り換えます。

大原に着いてまたまた驚きました。紅葉真っ盛りではないですか。
当たり前だろう、と言われそうですが、御香が目的できた小生は紅葉のことはすっかり頭から抜け落ちていました。
御香にこだわったおかげで、思わぬ紅葉狩りを楽しむことができた二紫会翌日でした。
 

二紫会御礼

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年11月13日(月)22時20分28秒
返信・引用 編集済
  11日の第40回二紫会総会無事終了しました。幹事の皆様方、お世話になりありがとうございました。仕事で参加できなかった廣瀬君からも、心配して開会前も閉会後も何度もメールを頂きました。最後のメールは11時前でしたか。本当にご心配おかけしました。

さて、タイムマネージメントに優れた名司会者の石田君のおかげで、時間通り終えることができました。
そこで、今回学んだことは、
①近況報告は一期生から始め、酔っぱらった年寄にはマイクを持たせるな!ということ。この“年寄”というのは基本的に一期生の事を指しますが、これに二村先生も加えるべきかは、その時の司会者の判断に委ねたいと思います。
②今後、中締めのお言葉は宏江先生にお任せすること。さすが二村先生の上司、中身のあるお話(あまり覚えていませんが)を端的にお話してくださいました。考えてみればお一人だけ素面(しらふ)ですもんね。
この二点を次回にも生かしましょう。

ところで、二次会を解散した後、二村先生をお送りするつもりで一緒に最終の地下鉄に乗ったはずの小生でしたが、気が付くと祇園のお店で二村先生が歌う坂本冬実に拍手をしていました。
はて、あれは夢か現(うつつ)か幻か・・・。
 

ココロとカラダの健康(VRゲーム初挑戦)

 投稿者:1976年 臼井  投稿日:2017年11月 9日(木)15時42分5秒
返信・引用
  大阪阿倍野で開催中の北斎展に行き、その帰り道に隣のアベノキューズモールにあるセガのVRゲーム「ゾンビ サバイバル」を体験してきました。

(ホームページより)ヘッドマウントディスプレイを装着し仮想現実のなかを歩き回りながら、ゾンビに襲われ被害を受けた町から住民を救出するために、携帯した銃でゾンビを撃退するバーチャルリアリティゲームです。

確かに、廃墟の中でゾンビ集団に襲われ、一階と二階を往復しながら(といってもバーチャルの中ですが)撃退する内容は実体験に近いものがありました。ここまで進化しているのかという驚きとともに、興奮と楽しさがありました。

Eスポーツ(ストリートファイター他の格闘ゲーム)がアジアオリンピック大会での正式書目に決定しており、将来的にはオリンピックに採用される可能性があります。

体操の白井選手とEスポーツの金メダリストが一緒にTV記者会見が行われるのも遠い未来の話ではなさそうです。
 

レンタル掲示板
/310