teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 二紫会経済学(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:48/3044 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

推薦図書(96)

 投稿者:73年度生山崎博之  投稿日:2017年 5月27日(土)16時32分8秒
  通報 返信・引用
  『俄(にわか)上』『俄(にわか)下』(司馬遼太郎・講談社文庫・07年6月)

司馬遼太郎氏の小説はほとんど読みつくしていたつもりでしたが、この本がまだだったことを思い出し、内容もよく調べず購入しました。副題が“浪華遊侠伝”とありましたので、大阪が舞台なんだろうな、といった程度の認識でしたが、読み始めると時代は幕末、一気にのめり込んでいきました。

度胸と辛抱強さで名をあげていった主人公の波乱万丈の人生が描かれます。博徒あがりがやがて大阪の治安を任される立場になり、揚句鳥羽伏見の戦いでは幕軍として参加する羽目に、新政権下では火消の役を・・・。
偶々、先週フェイスブックで石田君が「幕末維新150年・徳川幕府最後の牙城、大坂城」のポスターの載せてくれましたが、鳥羽伏見の戦いの後、大坂城がどうなったのか、この本を読むと分かります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:48/3044 《前のページ | 次のページ》
/3044