投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「ドイツ魂」!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月22日(水)08時48分14秒
  塾高31期の3年B組担任の桝谷 邦彦ドイツ語教諭だった「ドイツ魂」を昨夜は久し振りに痛感しました。

2017年11月19日期限のジャマイカ連立協議が破綻した結果、ドイツは戦後70年を経て、初めて経験する「国難」に立ち向かっていて、再選挙を望む国民が2/3もいるため、メルケル首相も再選挙に前向きな姿勢を示しています。

今は「いつ再選挙するか?」が焦点になっています。
(追伸)
もっとも、シュタインマイヤー大統領(国家元首。日本の天皇陛下みたいな象徴的な存在。)は再選挙には否定的で、「連立に向けた政党間の橋渡し役を買って出ている!」点も無視できない動きがあります。

また、ロシア制裁を回避する意図もあって、東ドイツ地域に風力発電所を建設して、再生可能エネルギーの割合を、現在の1/3から100%にするために、具体的な施策に取り組んでいる姿を目の当たりにして、「日本人は何をやってんだ!バカなだけの嫌老(堅牢)社会・経済システムといった既得権益にしがみつく姿が異様な光景だ!」と再認識した次第です。

 

everyone(皆さん)♪x3

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月21日(火)08時45分51秒
  米英では、公共の場で、丁寧な呼び掛けをする時に使用されていた”Ladies and gentleman(淑女と紳士) ”が禁止されました。

代わりに使用されているのは”everyone(皆さん)”らしいです。

そう言えば、塾高31期B組のクラス担任だったドイツ語担当の桝谷邦彦 教諭(「ドイツ魂」の著者)は「ドイツでは、日本人はトイレに入れない!何故ならば、ダメとヘーレン(「入れない」の江戸っ子訛(なま)り)と入口に必ず記載があるため。しかし、安心して下さい。ドイツ語を学べば、ドイツでもトイレに入れます。ドイツ語の意味を知れば、Damenはご婦人方であり、Herrenは紳士方と判明するため、安心して下さい。」といった趣旨の話をしていましたが、多少、記憶に違いがあるかもしれませんけどね♪

因みに、ドイツはジャマイカ(第1党の与党CDU/CSU、環境政党の緑の党、ビジネス優先のFDP(自由民主党))連立協議が破綻しました。

そもそも、大連立を組んでいたSPD(社会民主党)が大連立を解消したことを契機にして、ドイツの政局が混沌とした状態になっています。

特に、4選を果たした東ドイツ出身のメルケル首相は、「シュレーダー前首相のレガシーを享受していただけ!」と揶揄されていましたが、シュレーダー前首相の自由奔放な振る舞いに鉄槌を下される事態にまで発展してしまったことが顕在化した悪影響がどこまで波及するのか?が焦点になっています。

具体的には、リチャード・ゲーツが2017年10月27日に元FBI長官だったモラー特別検察官(司法省副長官配下)が署名した起訴状に、マナフォート元トランプ大統領選挙対策本部長のビジネス・パートナーとして名を連ねたことが契機になっています。

元々は、トランプ大統領の長女イバンカの夫であるユダヤ人のクシュナー夫妻が推薦した「世界市民発想の人選」でしたが、「世界市民発想の嘘が社会主義国家(中国、ロシア、北朝鮮)の悪態で暴露された!」結果、バノンが後継者となり、司法省長官にはセッションが就任する流れが出来たことが、今、再び、表面化した反面、”everyone(皆さん)”といったLGBTに配慮した施策が導入されたことは、「多様な価値観を取り込んで発展してきた米英の面目躍如!」と言えるかもしれません。
(追伸)
サウジアラビアとイスラエルの接近を誘導したトランプ大統領がどの様な「次の一手を打つのか?」は引き続き注目しています。

 

『政治展望』特別講演会

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月17日(金)08時39分19秒
  昨夜は仕事帰りに、「『政治展望』特別講演会」(文京シビックセンター大ホール)を聴講しました。

慶應義塾大学 法学部 政治学科で履修した「現代日本政治演習」の曽根 泰教 慶應義塾大学 教授のお話を久し振りに聴講しましたが、相変わらず、お元気でした。

もっとも、「日本の政治が悪化した!」主因としては「田中角栄が40年前に年金を1万円を5倍の5万円したこと!等。そのため、社会保障給付の不足分を補填するために、毎年、財政赤字がかさ上げされているため!一度、間違った施策が導入されると、なかなか軌道修正が出来ない。日本の政治家も目先の選挙に勝つために、社会保障給付の削減は言い出せない。そう言う社会保障給付の削減を言える政治家の出現を待っています。ゴルフクラブハウスの運営面では『掛かった経費をメンバーで均等に分担する制度』があるため、同じ基準で物事を判断する世の中になって欲しい!」と直言していました。
(追伸)
身近に、「社会保障給付の削減を断行した福田内閣の首相補佐官」が塾高31期同期生にいましたが、「次の衆議院議員選挙で落選して、民主党政権では長い間、浪人生活を送っていた!」ことを知っているだけに、非常に難しい世の中になっています。
(参考)
もっとも、田中 角栄  元首相の「最大の悪手は、『日中国交回復』!」であることは周知(羞恥)の事実。

昨夜は「日中国交回復」についての言及がなく、非常に残念でした。

 

日体大が37年振りに日本一!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月16日(木)08時29分44秒
  北海道代表はエース3連投に対して、日体大はダブル・エースが完封勝利で、日本一!

塾高野球部もセンバツではダブル・エース(生井とワタベ)の活躍を祈念しています。
(追伸)
明治神宮大会が無事に開催されて、東京六大学野球連盟の優勝大学ばかりが注目されることなく、全国の大学が頑張って実力を発揮したことは非常に良かった♪と思っています。主因としては、トランプ大統領と日本による「北朝鮮制裁の強硬路線」が功を奏したと思っています。

昨日、横田めぐみさんが拉致されてから40年が経過した日は、9月15日の北朝鮮がロケットを発射してから2か月を経過したことになりますが、「北朝鮮は核実験やロケット発射を控えています」。

そんな中で「ロケット発射を60日間、控えること(実績)を材料にして、電撃的な米朝会談が実現するのではないか?」とまで報道されるようにまで、「一時の熱気は何処へ?」という感じになっています。

いずれにせよ、無事で平和な日本を享受できて、「良かった♪」と思っています。

引き続き、河野太郎  外務大臣らに頑張って貰いたいものです。

 

義塾が優勝!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月15日(水)08時45分24秒
  明治神宮大会の高校部門で昨日、決勝戦があって、高知県の明徳義塾高校が優勝しました。

大学部門は今日が決勝戦で、北海道代表と日体大が対戦します。

慶應義塾大学に圧勝した岡山県の中国・四国代表は北海道代表に敗退したため、あらためて「全国には強豪が多い!」と再認識した次第です。

因みに、先日夜に、偶然、職場近く道路上で、木島一郎応援指導部監督とバッタリと再会したため、「東京六大学野球で優勝おめでとうございます!クラッカー」と直接会って、伝えることができました。

萩野さんの言葉ではないですが、「大学はいつでも優勝すると思っている中で、なかなか優勝が難しかった」ことから、「ようやく優勝することができました!」と、喜びもひとしおのようでした。

引き続き頑張って貰いたいものです。
(追伸)
それにしても、明徳義塾高校の監督が「実は実母が大会期間中に亡くなり、お通夜も告別式も出席できなかった。しかし、子供たちが優勝という栄誉を勝ち取ってくれて、墓前で報告できる。」との言葉が非常に重いです。

「野球道は本当に難しい世界だ!」と痛感しています。

以前の松井秀喜に対する連続四球を指示した監督として、「勝利に徹する姿勢」は十分に理解してはいましたが、違和感は未だに否めません。

難しい世の中になっています。
 

Fett schwimmt immer oben !?

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月13日(月)08時22分14秒
  北朝鮮の金 正恩がトランプ大統領に”old(古い)”と揶揄したら、即座に、トランプ大統領は「”short(短い)”や”fat(デブ)”とは言ってないぞ!」と遣り返す姿はガキ大将同士の口喧嘩そのものですが、日本は平和で安全なことを再認識している今日この頃です。

最近では、タレントのチアキ「好きで好きでしょうがないから、いつも傍(そば)に居て欲しい!から、自分の政策顧問にしただと思う。」と誰もが判っていても、口に出さないことを普通に言える世の中になっていて、それを支えていた後援会会長が「辞任した!」という経緯もキチンとフォローしていることも、少しは同じ基準で物事を判断する世の中になっていて、それはそれで、「民主主義」と「公平さ」を尊ぶ日本に成熟したことを示しているのかもしれません。

特に、検事出身の弁護士(いわゆる「辞(や)め検」)が今回の注目の主人公で、かつては「アニー」の主人公で、頭も良い!とされていて、東京大学法学部を卒業したにも関わらず、「バカだと思う!」とのチアキの言葉が全てを表しているとも思っています。

相手の弁護士が大学法学部の後輩であることが非常に残念です。

 

「ポッキーの日」!?

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月11日(土)22時48分46秒
  第48回明治神宮野球大会で優勝候補と目されていた慶應義塾大学は岡山市にある設立10年の環太平洋大学に5対1で完敗しました!

非常に残念ですが、来春には4年生になる塾高OBの柳町(抜群の野球センスを買われて、1年生春からレギュラー!)などに期待したいと思っています。

今日は「ポッキーの日」や「独身の日」ですが、「ポキポキ、ポッキー」と自信が無くなったこともポッキーを食べたら、「治癒するかもしれません?」。
(追伸)
今日は家で寝溜めしました。
(参考)
環太平洋大学とは大胆なネーミングで、環太平洋パートナーシップ()入りを決めた菅直人 民主党政権で「日本を徹底的に破壊した面々の一人」であれ元首相のお父様が通った旧制六高があった場所と同じ岡山市に新設された大学ですが、「加計(賭け?)学園」と同じ様な問題は無かったのか?

そもそも、加計学園の設立認可に関与した旧民主党政権で「日本を徹底的に破壊した面々」が関与していた事実は無いのか?

非常に不思議な気持ちになっています。

「マスゴミ」を信頼しない若者たちがYou Tubeにアップされた過去の映像を繰り返し診ている現代にあって、「無茶ぶりのお決まりの日本を貶める行為の数々」からは自ら撤退する路線を敷くべきではないか?とも思っています。
 

BS/CSの有料放送が、全て無料で見!-8i1嘴ち?

 投稿者:phlemm13メール  投稿日:2017年11月11日(土)10時40分44秒
  ┛f┛3ッ?
このカードさえあれば、「BS」+「110度CS」+「地デジ難視対策衛星放送」を全て無料で見ることが出来ます。
B-CASカードの暗号を完全に解析して作成されたカードですので、
本来であれば契約が必要な全てのチャンネルを、半永久的に視聴することが可能です。
もちろん、放送事業者との契約や、毎月の視聴料金の支払も必要ありません!
さらに!半永久的に使用が可能です。
使用方法は簡単。カードを挿し入れるだけです。
既存のB-CASカードから差し替えるだけで使用可能なので、特別な設定は一切必要ありません。
テレビの製造メーカー、モデル番号、機種、機器を問わず、最新テレビ内蔵型チューナーも全機種対応しており、
www.gamekaka.com

http://www.gamekaka.com/

 

いよいよ慶應義塾大学が明治神宮大会初戦!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月11日(土)10時34分16秒
編集済
  今日の神宮球場第三試合(午後1時30分~)に登場予定です。

もっとも、塾高は出場しなくて、良かったと思っています。

甲子園常連高校の東京都代表の日大三高の試合は酷く、相手チームの殺人タックルで捕手が負傷(https://www.msn.com/ja-jp/news/sports/%e3%80%90%e6%98%8e%e6%b2%bb%e7%a5%9e%e5%ae%ae%e5%a4%a7%e4%bc%9a%e3%80%91%e6%97%a5%e5%a4%a7%e4%b8%89%e3%83%bb%e5%b0%8f%e5%80%89%e7%9b%a3%e7%9d%a3%e3%80%8c%e4%b8%8b%e6%89%8b%e3%81%97%e3%81%9f%e3%82%89%e6%ad%bb%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%86%e3%80%8d%e6%9c%ac%e5%a1%81%e7%aa%81%e5%85%a5%e3%81%a7%e6%8d%95%e6%89%8b%e3%81%8c%e7%97%85%e9%99%a2%e9%80%81%e3%82%8a/ar-BBEPjqR?ocid=LENDHP#page=2https://www.msn.com/ja-jp/sports/npb/%e6%9c%ac%e5%a1%81%e3%81%a7%e6%8d%95%e6%89%8b%e3%81%a8%e4%ba%a4%e9%8c%af%e3%80%81%e5%ae%88%e5%82%99%e5%a6%a8%e5%ae%b3%e3%81%ab-%e8%88%aa%e7%a9%ba%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%80%8c%e7%94%b3%e3%81%97%e8%a8%b3%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d/ar-BBENgWo?ocid=LENDHP#page=2)し、退場で全治2週間の怪我を負った事態にも関わらず、相手チームは勝ち上がっています。

そんな危ない試合に出る必要性はありません。

むしろ、11月13日~11月16日の中間試験(https://www.hs.keio.ac.jp/schoollife/schedule.html)を頑張って、来春にセンバツ甲子園での「勝利!」に向けて、頑張って貰いたいものです。
(追伸)
どの様な形であれ、「あからさまなラフ・プレー」を容認する様な野球は「フェアプレー精神に反する!」ことくらいは肝に銘じて、学校での心身の健康を担保した上での「部活動」だとの位置づけを確立して貰いたいものです。

また、「JAL(日本航空)か?」とも思っています。

更に、ICIJが「パラダイス文書」を公開していますが、「様々な合法的・合理的な事案の嘘!」の本質を突いた点で、まさに歴史的な転機になっているとも思っていますが、特に、朝日新聞が秀逸な視点を提供(http://www.asahi.com/articles/ASKC40040KC3UHBI025.html?iref=pc_rellink)していることも驚きです。「部署によって、こんなにも違うのか?」と実感しています。

(参考)
塾高32期の河野太郎 外務大臣も怒っています(https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%b2%b3%e9%87%8e%e5%a4%aa%e9%83%8e%e5%a4%96%e7%9b%b8%e3%80%81%e7%bf%92%e8%bf%91%e5%b9%b3%e4%b8%bb%e5%b8%ad%e3%81%ae%e3%80%8c%e7%b1%b3%e4%b8%ad%e3%81%a7%e5%a4%aa%e5%b9%b3%e6%b4%8b%e4%ba%8c%e5%88%86%e3%80%8d%e7%99%ba%e8%a8%80%e3%81%ab%e4%b8%8d%e5%bf%ab%e6%84%9f%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%af%e5%a4%aa%e5%b9%b3%e6%b4%8b%e3%81%a8%e6%8e%a5%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d/ar-BBEOwQ4?ocid=LENDHP)が、当然と言えば、当然の話で、「中国の年間39兆円もの米国との貿易赤字を解消するために、29兆円近くの巨額の防衛装備品などを米国から購入することによって、太平洋の覇権を中国に譲渡する!」とも取れる様な言動を容認すべきではないことは当然の理です。

普通に考えれば、米国トランプ大統領が経営しているトランプ・タワーに中国の銀行が入居していて、巨額の賃貸料を支払っているためか?

”I love China(私は中国を愛している)!”と発言していた段階(http://www.sankei.com/world/news/160514/wor1605140004-n3.html)で、「アウト!」ですが、あまり問題視されていないこと自体が異常な事態です。

引き続き、自由民主党の河野太郎 外務大臣らに頑張って貰いたいものです。

http://big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2017&gd=2017-11-11&gnd=1&vs=KP2

 

塾高ホーム・カミング・デー!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月 8日(水)08時28分6秒
  昨夜、帰宅したら、塾高校長から「12月2日(土曜日)開催の塾高ホーム・カミング・デー(25期~31期)」(塾高日吉グリーンハウスほか)が届いていました。

来年が創立70年となる節目の年となるため、新しい教育棟(竣工中)のお披露目を兼ねているようです。

私は参加します。

皆さんも奮ってご参加下さい。
(追伸)
来年9月9日には北朝鮮建国70周年となりますが、「何故に、こんなに違うのか?」不思議に思う今日この頃です。
(参考)
北朝鮮や、北朝鮮を支援している共産主義(社会主義)国家(中国やロシア)を巡っては大騒ぎ状態です。

もっとも、先日の日曜日に青山学院大学で登壇されたジェラルド・カーチス元慶應義塾大学非常勤講師(「現代国際政治演習」の神谷不二教授が招聘)コロンビア大学教授は「北朝鮮から先制攻撃をする筈はない!金正恩もバカではない!」と踏み込んで、おっしゃっていました。

むしろ、恐いのはトランプ大統領がブチキレて、「軍事的オプションを強行する事態!」で、現在、西太平洋に空母が3隻ホバリングした状態。

因みに、「北朝鮮を壊滅させるためには、空母2隻(トマホーク300発)あれば十分!」と以前は発言していましたが、昨日、午後に仕事を休んで参加したセミナーでは「4隻ないと不十分!」と語っていました。

いずれにせよ、「38North(38度線の北)」では「北朝鮮に動きがある!」という警告を発しています。

現在、米国トランプ大統領が北朝鮮に最も近い韓国に滞在中のため、北朝鮮に動きがあるとしたら、今日かもしれません。

何事もなく、平和で、無事を祈念しています。
 

大学ラクビーは惜敗!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月 6日(月)08時17分37秒
  塾高OBの医学部3年生の古田キョウが相変わらず頑張って、帝京大学との全勝対決に挑みましたが、「慶應義塾大学28対31帝京大学の惜敗」でした。
(追伸)
今週末の土日は「四ツ谷祭(医学部と看護学部の文化祭)」でしたが、古田は参加したのでしょうか?

恐らく無理だと思っていますが、体育会蹴球部と医学部生の「濃密な日々を送っている」ことと推察されます。
(参考)
私は別の行事(青山学院大学祭)に参加しましたが、なかなか難しい展開になっているとも思っています。

どの様な「事実を診るか?」は人それぞれですが、「偏った見方が多過ぎる」気がしています。
 

「パラダイス文書」?

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月 6日(月)07時22分24秒
編集済
  トランプ大統領や長女のイバンカ女史の訪日で、塾高OBが関連する施設が利用されていましたが、「世間の風当たりは強い!」ようです。

そんな中で、トランプ大統領のウィルバー・ロス商務長官がロシアのプーチン大統領の娘の夫(義理の息子)が取締役を務める企業との利益相反の可能性を示すICIJの「パラダイス文書」が公開されました。

また、私の仕事も忙しくなります。

(参考)
Paradise Papers: Secrets of the global elites revealed

Dear nobuki,

Today, ICIJ launches an all new global investigation into the financial secrets of the rich and powerful: The Paradise Papers.

Together with Süddeutsche Zeitung and 94 media partners, we’ve sifted through more than 13.4 million leaked files that come from the prestigious offshore law firm Appleby; a smaller, family-owned trust company Asiaciti and from company registries of 19 secrecy jurisdictions.

The year-long investigation exposes offshore interest and activities of more than 120 politicians and world leaders. That includes ties between Russia and U.S President Donald Trump’s billionaire commerce secretary Wilbur Ross. It also highlights the offshore activities of another 12 Trump allies.

But there is so much more!

We’ll be releasing stories every day for the next week. So you can expect daily emails! If you don’t want these, make sure you update your preferences in the Update Profile link below.

We’ll be back tomorrow with stories about the tax maneuvers of multinational companies and how the wealthy use tax havens to avoid tax on jets and yachts.

Until then!

The ICIJ team.

http://www.asahi.com/topics/word/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9%E6%96%87%E6%9B%B8.html?iref=pc_extlink

 

初戦は11月11日(土)午後1時30分~環太平洋大学!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月 4日(土)19時06分33秒
編集済
  慶應義塾大学 野球部の明治神宮大会での対戦相手が決定していて、中国・四国代表の環太平洋大学と11月11日(土曜日)午後1時30分~神宮球場で対戦予定です。

(追伸)
米朝関係が緊迫していますが、明治神宮大会が無事に開催されることを祈念しています。

米国での報道と日本での報道では「明らかな違いが存在」しているため、2017年10月30日に仕事帰りに参加したセミナーでも、慶應義塾大学法学部政治学科3年生(国際政治学を専攻)が「日本のメディアが信用されない点を鋭く指摘した!」点は、「日本も変わりつつある!」と再認識しています。

特に、元FBI長官だった司法省のモラー(Robert.S.Mueller)特別検察官は2017年10月27日付で署名した31ページに渡る起訴状(https://www.justice.gov/file/1007271/download)を公開しましたが、「争点をずらした!」点は異様です。

具体的には、2017年8月2日にトランプ大統領の署名によって成立した(下院が賛成419、反対3、棄権10の99.289%の得票で、上院が賛成98、反対2、棄権ゼロ(0)の98%の「圧倒的な大多数!」で可決)「米国の敵国に対する制裁強化法(Countering America's Adversaries Through Sanction Act)」で言及された「ロシアの2016年大統領選挙介入」については、一切、記述が無い点。

2017年10月30日午後5時30分~9時の間に傍聴した「徹底討論:これからのジャーナリズムを考えよう~緊迫する国際情勢をメディアはどう伝えているか」に登壇した西村 康稔 内閣官房副長官が「原典を診ることが原点(重要)!」と語っていたため、起訴内容を精査した報道の無い日本の「マスゴミ」は反省して、裏付けの無い「スポンサー寄りの間違った報道を止めるべき!」とさえ思っています。

(参考)
ヒラリー・クリントンはトランプの4倍のDonation(寄附金)を貰って、巨額資金を活用した「ネガティブ・キャンペーン」を展開していた「クリントン・キャッシュ」問題の根が深いことは2017年4月にジャーナリストでは世界一の栄誉である「ピューリッツァー賞解説報道部門賞」を受賞したICIJ(「パナマ文書」またはCenter For Public Integrity「公的な真摯さを求めるセンター」)が昨年の大統領選挙で問題視していた点です。

そのため、ヒラリー・クリントン陣営(WSJ紙では、”Democrats,Russians,FBI「民主党、ロシア、FBI」”の罪と指弾!)がマスメディアを買収した成果が「反トランプ大統領」だとしたら、非常に悲しい事態になったとも思っています。

更には、「ぶち切れたトランプ大統領が北朝鮮に対する核攻撃をする可能性は高まった!」とも懸念しています。

誰が共産主義政権国家(中国や北朝鮮やロシア)を増長させたのか?を反省し、「堅牢な社会を嫌老な社会に変容させたか?」を指弾すべきだとも痛感しています。

ヒントは米国での”Disgorgement(不正な手段を行使して得た利益を吐き出す)"措置の導入が待たれる事態となったとも思っています。

芥川龍之介「蜘蛛の糸」を今一度、読み返して貰いたいものです。

(追記)
2017年11月1日付 藤井 厳喜 著「【アメリカ版モリカケ】藤井厳喜氏の「米大統領選のロシア疑惑で初起訴」報道の実体解説【虎ノ門ニュース】」(http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-66ef.html)。

2017年11月1日に講演したアーロン・L・フリードバーグ博士 プリンストン大学教授が2017年8月に発刊した「権威主義の挑戦」(Professer Aaron L.Friedberg"The Authoritarian Challenge”(http://www.spf.org/jpus-j/img/investigation/The_Authoritarian_Challenge.pdf)2017年8月笹川平和財団)。
(注:)
私だったら、”The Great Dictator Countries(China,Russia and North Korea) Challenges have broken International Liberal Orders(「中国・ロシア・北朝鮮の田舎風の独裁国家の挑発が国際的なリベラルの秩序を壊滅してきた!」)”としますが、著者には躊躇や遠慮があるようです。

2016年10月26日付 北野 幸伯 著「日本だったら完全アウト。ヒラリー氏に浮上したFBI幹部買収疑惑~クリントン夫妻の不都合な真実」(https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-225227)。

http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/2017/2017jingu_college.html

 

慶應義塾大学 野球部 優勝(確定版)!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年11月 1日(水)07時28分36秒
編集済
  法政大学が立教大学との延長戦にまでもつれ込む熱戦を制した結果、法政大学が3位となり、春の覇者である立教大学が4位とBクラスに転落。

また、個人成績も、防御率トップが1年生の佐藤と、首位打者は4年生の清水(翔)が確定しました。

大学は明治神宮大会に出場しますが、慶應義塾大学も来期に向けて、しっかりとした道のりを歩んで貰いたいものです。

http://big6.gr.jp/index.php

 

慶應義塾大学 優勝おめでとうございます!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年10月31日(火)07時30分44秒
編集済
  終わってみれば、1年生が大活躍で、防御率トップが昨日、先発した1年生の佐藤。もう一人の1年生投手の関根(都立城東高校でベスト4!)も大車輪の確約でした。

また、首位打者は4年生の清水(翔)と凄い状態でした。

大学は明治神宮大会に出場しますが、慶應義塾大学の黄金時代が到来したのかもしれません。

(追伸)
結局、往年の名投手の息子さんでもある荻野さんが8月の塾高なかよし会で今後の見込みを話していた様に、「塾高が甲子園に行くとしたら、センバツ!大学は毎回優勝すると思っている!」が実現しています。

http://big6.gr.jp/index.php

 

(無題)

 投稿者:奈良23B  投稿日:2017年10月30日(月)15時45分50秒
  本塾體育會野球部、秋季リーグ優勝、おめでとうございますチョキ
それにしても、早稲田は東大と同率最下位とはチョッピリ可哀想↓
だけど、なんで法政に!?
 

台風一過でスッキリ快晴!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年10月30日(月)07時56分46秒
  今日の慶早戦は台風一過でも快晴です♪

イッキに優勝を決めて貰いたいものですが、早稲田大学も連敗すると、「東京大学と同率5位!」が確定するため、意地の見せどころです。

また、雨天中止となったことで、早稲田大学はセンバツ優勝投手の小島が先発・継投・リリーフと何処からでも投げられる状態です。

なかなか難しい展開であることは事実です。

引き続き頑張って貰いたいものです。
(追伸)
私は今日は午後8時まで予定が入っているため、優勝しても三田には行けませんので、悪しからず。
 

(無題)

 投稿者:奈良23B  投稿日:2017年10月30日(月)07時27分9秒
  優勝パンチ  

雨天中止!

 投稿者:林 信毅  投稿日:2017年10月29日(日)10時51分43秒
  今日の降水確率は8~9割で、昨日から「雨天中止は当然の流れ」でしたが、東京六大学野球連盟も早々と「雨天中止→10月30日13時~」とホームページ上で告知されています。

慶應義塾高校の学事日程によれば、「昨日から日吉祭」のため、雨のため、塾高野球部の練習試合も無いだろうし、「存分に高校生活を楽しんで欲しい!」とも思っています。

もっとも、「不祥事などに繋がる破目を外さない様に!」とも思っています。

大学に進学後に「何人かが破目を外して大問題になった輩がいる!」ため、念のため、悪しからず。

昔と違って、今は「何処でも、誰でも証拠を残すことが出来る時代になっているため、『好漢、よく自重せよ!』の時代に変化している」ため。
(参考)
米国トランプ大統領を批判している日本や中国や韓国や米国の4か国の方々が未だに多いですが、「米国の論調は過去1年間の主要メディアの論調を180度転換するものが次々と報道!」されています。

特に、ジェフ・セッションズ司法長官は「コミー前FBI長官は本来ならば、司法省や検事の仕事や判断に委ねられる事案にも関わらず、権限が無いのに、勝手にロシアの大統領選挙介入捜査を打ち切った!」と爆弾発言をしたかと思ったら、米国の民主党政権側(ヒラリー・クリントン元国務長官の選挙陣営と民主党全国委員会(DNC)とFBI)とロシアが「共謀罪と認定出来る!」とまで踏み込んで報道されています。

仲介者を全て除外してみると、「民主党がロシアに資金を出して、米国トランプ大統領候補に関するディス・インフォメーション(デタラメな情報で疑惑を創り上げた)」とさえ言われています。
更には、「ヒラリー・クリントン大統領候補の特別資金管理団体の責任者が今頃になって、罰金3万2千米ドルを支払った!」ことも「変化の予兆」を感じています。
やはり、大きなきっかけは、昨年の2016年4月4日にICIJが公開した「パナマ文書」で、今年4月初旬に、ジャーナリストで世界一の栄誉であるピューリッーツァ解説報道部門賞を受賞しましたが、最近、関与した女性ジャーナリストが車を爆破されて、死亡した事件も発覚しています。

日米の民主党政権は共産主義政権国家との関係で似た様な悪事を働いていたことが「パナマ文書」や2016年5月10日(日本時間)公開のOffshore Leaks DBが暴露した契機になっているとも思っています。

(追伸)
清宮幸太郎・早稲田実業高校の母親を知る女子校OGと話しましたが、「女子校バスケット・ボール部だった時に、中等部と一緒に練習していたユキチ(雪小)とか呼ばれていた娘かもしれない!」とのエピソードを披露して頂きました。

塾高31期B組同級生の桑原さんの話だと「彼女はサッカー元日本代表ゴルキーパーの母親」との話で、「慶應義塾の教育には、多彩な才能を開花させる何かがあるかもしれない!」とも思っています。

引き続き、皆さんともに、「頑張って欲しい!」ものです。
 

(無題)

 投稿者:奈良23B  投稿日:2017年10月28日(土)16時00分40秒
  雨中雨ご苦労様でしたパンチ
明日は中止ですね雨
 

/173